[PR] 広告主様募集
【緊急署名】にご協力お願いします。(「大阪宣言の会」メンバーから

1:三重県の地震研究所が巨大地震を予測 01/01 16:38 XhokTqyn0w
拡散希望★★年末年始にじっくり読んで、【緊急署名】にご協力お願いします。まずは一次締め切り:1月9日(水)23時 目標で。
==========
【緊急署名】
 避難基準に福島原発事故の実態を!
 7日間50mSv、年20mSvは高すぎる
 緊急防護準備区域(UPZ)30kmは狭すぎる

提出先は、原子力規制委員会 委員長 田中俊一様 委員各位

<呼びかけ団体>
国際環境NGO FoE Japan、福島老朽原発を考える会(フクロウの会)、
グリーン・アクション、美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会(美浜の会)

要請内容の趣旨、詳細については ▼▼こちら▼▼
hinan-kenri.cocolog-nifty.com

----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- -----

避難基準に福島原発事故の実態を!7日間50mSv、年20mSvは高すぎる 緊急防護準備区域(UPZ)30kmは狭すぎる

原子力規制委員会は、現在急ピッチで、原発事故がいざ生じたときの防災計画策定のための避難基準を検討しています。

ところが、現在の案では、事故後数時間は毎時500μSv(7日間50mSv)、その後は毎時20μSv(年20mSv)と高い避難基準が設定されています。

新聞報道は、規制委の説明をうのみにして、IAEAの異常に高い基準、すなわち毎時1000μSv、7日間100mSvと比較して、

「国際基準より厳しく」などと報道していますが、これは比較する先が誤りでしょう。

規制委が踏まえなければならないのは、福島の実情そのものです。IAEAのとんでもない基準などではありません。

防災計画を策定する範囲のUPZ(緊急防護準備区域)は30kmのままですが、これはあまりに狭すぎます。

計画的避難区域とされた飯館村は福島第一原発から40〜50kmでした。

同村に避難指示が出されたのは、事故後一カ月以上たったときであり、その間、村民の方々は、

事故後もっとも高い線量を示した期間、無用の被ばくを強いられました。

さらに、政府が定めた年20mSvという基準により、多くの方々が「自主的」判断のもとでの避難を余儀なくされています。

このような実状は、今回の避難基準には何一つ反映されていません。それどころか、防災指針により、問題の多い年20mSvを正当化されてしまいます。

これは私たち自身の問題です。

まだ間に合います。多くの声で、このようなでたらめな避難基準の見直しを求めていきましょう。

署名運動を行っています。ぜひご協力ください。

オンライン署名フォーム:
https://fs222.formasp.jp/k282/form1/
補助フォーム:
https://pro.form-mailer.jp/fms/6fd4c23135853

団体署名はこちらから:
https://pro.form-mailer.jp/fms/87992e8335813

一次締め切り:1月9日(水)23時
二次締め切り:1月15日(火)23時
三次締め切り:1月28日(月)朝10時

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
twitter 拡散用↓

拡散1/9(水)23時1次〆【緊急署名】避難基準に福島原発事故の実態を!7日間50mSv、年20mSvは高すぎる
緊急防護準備区域(UPZ)30kmは狭すぎるhinan-kenri.cocolog-nifty.com
#脱原発 #反原発 #内部被曝 #外部被曝 #署名

拡散1/9(水)23時一次〆切【緊急署名】避難基準に福島原発事故の実態を!7日間50mSv、年20mSvは高すぎる→オンライン署名
https://fs222.formasp.jp/k282/form1/
補助https://pro.form-mailer.jp/fms/6fd4c23135853
団体署名https://pro.form-mailer.jp/fms/87992e8335813

2: 02/18 10:28 mvjl/U2j7c
ながっ

前次1-AA
現在の視聴率 775%


Saipon BBS